グランビアのカスタム基本5 − 外装のドレスアップ(マフラー交換)

スポンサードリンク
マフラー交換をするメリットは、外観上でいえばリアバンパー(もしくはリアスポイラー)から覗く、キラリと光る大径テールエンドのカッコよさ。それから、サウンド面での重厚感やスポーティー感の向上といったところですよね。

ただ、ここももちろんのことながら、やはり車検対応品を装着することで、きちんとしたカスタム車であり違法性がないことをしっかりとアピールしたいもの。

では、実際にどういったマフラーが車検対応品かというと、JASMA(日本自動車マフラー協会)認定のものであれば全く問題ありませんし、他にも、保安基準適合品である旨が商品の添付書類などに記載されているものであれば、基本的には大丈夫です。

あとは、リアから見えるテールパイプのデザインを中心にした好みになりますが、このテールパイプのデザインは大きく分けると下記のようなものがあるので、自分の好みとイメージする車両へのマッチングを考えて、しっくりくるものをチョイスしてみてください。マフラーって、実際に見える部分は少ないけれど、リアビューを引き締める要になるんですよね。

【マフラーの主なテールエンドデザイン】

・砲弾型: 単純な円筒形。スポーティ感をアピール
・オーバル型: 幅広の楕円形。存在感と落ち着きをアピール
・ハス切り型: 斜めカットがシャープ感をアピール
・複数出し型: 左右振り分け出し、固め出しなど、高級感を重視


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。